パリで故郷を思い出す【コウゲン編30】

パリで故郷を思い出す

 

田舎の一本道

 

パリで印象に残る出会い

僕が田舎のお寺から逃げ出して、とにかく遠くへ離れたいという思いで、これまで生きてきた感じがする。
そして今、そこからかなり遠いフランスのパリにいて、毎日忙しく走り回ったりして、満足して生活している。
地球の反対側の、全く違う環境にいるということもあって、普段はお寺のことも思い出すことはほとんどない。
しかしある日のこと、ひょんなことで故郷のこと、当然僕のお寺のことを思い出す出来事がパリであった。

 

日本の商社からの出張客があって、いつものように僕が応対することになり会いに行った。
名刺を交換してみると、その人の苗字は『箸尾(はしお)』という。
これは僕にとっては忘れられない字であった。

 

僕のお寺のあった所は、その頃は町村合併で町の名前も変わってしまったが、元は奈良県にある『箸尾町』という町に属する小村にあった。
この箸尾という名は、言い伝えでは昔『箸尾』という殿様の屋敷か、城があって、そのためにこの町は『箸尾』という名になったと言われていた。
ぼくがいた頃には堀があったりして、その跡が残っていた。
その町やその近くには『箸尾』という苗字の家はなかった。
それまで僕は『箸尾』という名の人に会ったことはなかった。

 

そんなことで僕は思わず、『箸尾』さんにあって、長い間忘れていた自分の故郷のことを思い出してしまった。
そしてその『箸尾』さんに、僕の故郷は元『箸尾町』であるということ、そこには『箸尾』という殿様がおられたと聞いている事などを話した。
「ひょっとしてあなたは『箸尾町』のこと、『箸尾』の殿様のことなどご存知ではないですか?」
と聞いてみた。

 

その方いわく
「私はその血筋のものです。今も会社で、冗談半分で”殿様“と言われたりします。」
と笑っておられた。
そして今は三重県の方に家はあるということだった。

 

 

お寺のことを思い出す

後になって、調べてみてわかったのは、箸尾の殿様は、明智光秀の本能寺の変(1582年)で、明智につくか秀吉につくかで、日和みを決め込んだ人物だった。
有名な筒井順慶(つついじゅんけい)の一統の重職にあって、筒井順慶の妹を妻にした家柄であったという。
ちなみに筒井順慶は秀吉から大和国を正式に賜(たまわ)り、のちに伊賀国(今の三重県)に封じられたという。
これは箸尾さんが三重県に住んでおられるというのと符合する。

 

箸尾さんは商社の繊維部門におられて、その関係でパリへ出張で来られたとのことだった。
必要なファッション情報など提供したりして別れたが、僕にとっては印象に残る出会いだった。

 

そんなことで久しく忘れていたお寺のこと、そのお寺で僕のわがままを許して、そのお寺を一人で留守番してくれているお袋のことも思い出した。
もうパリへ来て7年になる。
僕はまだまだパリにいたい。

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

 

 

前回までのあらすじ

・ファッション資料を求めて、フランス移住【コウゲン編1】

https://imac-j.com/blog/france/1502/
・フランス移住後、ゼネストと仕事【コウゲン編2】

https://imac-j.com/blog/france/1506/

・パリでの初仕事~通訳事件【コウゲン編3】

https://imac-j.com/blog/france/1650/

・リヨンでの発見【コウゲン編4】

https://imac-j.com/blog/france/1768/

・パリに着いて1年後【コウゲン編5】

https://imac-j.com/blog/france/1773/

・リヨンとギニョール人形劇【コウゲン編6】

https://imac-j.com/blog/france/1812/

・パリの食生活【コウゲン編7】

https://imac-j.com/blog/france/1816/

・パリのファッションの変化【コウゲン編8】

https://imac-j.com/blog/france/1818/

・パリでファッションカメラマンになる【コウゲン編9】

https://imac-j.com/blog/france/1820/

・フランスから物申す~我が社の経営陣に問題あり【コウゲン編10】

https://imac-j.com/blog/france/1829/

・フランスから一時帰国【コウゲン編11】

https://imac-j.com/blog/france/1831/

・フランスから一時帰国、そして手に汗握る攻防戦【コウゲン編12】

https://imac-j.com/blog/france/1833/

・パリに帰りたい【コウゲン編13】

https://imac-j.com/blog/france/1835/

・ふたたびパリへ【コウゲン編14】
https://imac-j.com/blog/france/1838/

・パリで新しいスタート【コウゲン編15】

https://imac-j.com/blog/france/1840/

・パリでデザインアトリエ経営【コウゲン編16】

https://imac-j.com/blog/france/1863/

パリのデザインアトリエで日本人デザイナーが活躍【コウゲン編17】

・フランスの雪山ドライブ【コウゲン編19】
・パリのファッション情報【コウゲン編20】
パリで蚤の市に夢中になる【コウゲン編21】
・デザイン資料を求めてマルセイユやリヨンへ【コウゲン編22】
パリで出会ったデザイナー【コウゲン編23】
パリには面白いものがいっぱいある【コウゲン編24】
ド・ゴール政権からポンピドゥー大統領へ【コウゲン編25】
・パリから列車でスペイン旅行【コウゲン編26】
フランスのバカンス【コウゲン編27】
アール・ヌーヴォーにハマる【コウゲン編28】
・アール・デコと印刷物コレクション【コウゲン編29】

 

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。