パリには面白いものがいっぱいある【コウゲン編24】

パリには面白いものがいっぱいある

 

古本市

 

僕がパリに来て4年がたった

僕がパリに着いてから4年程になる。
仕事も何とか食べて行くぐらいのことはなんとかできるようになった。
僕のアトリエにいる若い絵描き達も、少しずつテキスタイルデザインがわかってきたようで、以前よりは売れるようになった。

 

 

パリには面白いものがいっぱいある

パリはいい街だった。
僕にとって面白い物がいっぱいあった。
特にデザインについての資料、ファッションについての資料、アートについての資料、それらの新しいもの、古い物、これらを仕事として扱っているうちに、僕自身にもその良さがわかるようになった。
街の本屋、古本屋、そしてパリにいくつかある蚤の市、秋になるとバスチーユなど街中で開かれる蚤の市もあるし、郊外の街で開かれる蚤の市もある。
そしてそんな蚤の市のそばでは大抵安くて美味しい食べ物屋が、Café や屋台が出ている。
それも楽しみの一つだった。

 

蚤の市では古いファッション雑誌、古いファッション新聞、アールデコ、アール・ヌーヴォーの時代のものもあった。
絵葉書もポスターもあった。
フランス語でvieux papiers(古い印刷物)という、これらの商品も高い物は僕には買えなかった。
しかし欲しいものが見つかると、これを値切って買った。
僕は蚤の市で値切るのはかなり上手くなっていた。

 

 

Cさんも蚤の市にハマる

この頃から、僕の事務所にアトリエをひらいたデザイナーのCさんも僕に加わって、蚤の市巡りをするようになっていた。
彼女にとってもデザイン資料が必要だったし、興味のあることだった。
僕らはファッションやデザインに関わる古い資料を探す面白さにハマって、時にはベルギー・ブリュッセル、スペイン・マドリードやイギリス・ロンドンの蚤の市まで出かけたりもした。
だが蚤の市についてはパリのクリニャンクールを始めとする、バラエティのあるパリの蚤の市に勝るものはなかった。

 

Cさんと僕は、そんな風にだんだん近づきながらも、お互いの仕事に専念していた。
僕はやはり自分のデザインアトリエがいつもシーズンにあった作品を描き、売れるようにアドバイスすることに忙しかったし、同時に商社のパリ支社の出張客対応にも走りまわっていた。

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

 

 

前回までのあらすじ

・ファッション資料を求めて、フランス移住【コウゲン編1】

https://imac-j.com/blog/france/1502/
・フランス移住後、ゼネストと仕事【コウゲン編2】

https://imac-j.com/blog/france/1506/

・パリでの初仕事~通訳事件【コウゲン編3】

https://imac-j.com/blog/france/1650/

・リヨンでの発見【コウゲン編4】

https://imac-j.com/blog/france/1768/

・パリに着いて1年後【コウゲン編5】

https://imac-j.com/blog/france/1773/

・リヨンとギニョール人形劇【コウゲン編6】

https://imac-j.com/blog/france/1812/

・パリの食生活【コウゲン編7】

https://imac-j.com/blog/france/1816/

・パリのファッションの変化【コウゲン編8】

https://imac-j.com/blog/france/1818/

・パリでファッションカメラマンになる【コウゲン編9】

https://imac-j.com/blog/france/1820/

・フランスから物申す~我が社の経営陣に問題あり【コウゲン編10】

https://imac-j.com/blog/france/1829/

・フランスから一時帰国【コウゲン編11】

https://imac-j.com/blog/france/1831/

・フランスから一時帰国、そして手に汗握る攻防戦【コウゲン編12】

https://imac-j.com/blog/france/1833/

・パリに帰りたい【コウゲン編13】

https://imac-j.com/blog/france/1835/

・ふたたびパリへ【コウゲン編14】
https://imac-j.com/blog/france/1838/

・パリで新しいスタート【コウゲン編15】

https://imac-j.com/blog/france/1840/

・パリでデザインアトリエ経営【コウゲン編16】

https://imac-j.com/blog/france/1863/

パリのデザインアトリエで日本人デザイナーが活躍【コウゲン編17】

・フランスの雪山ドライブ【コウゲン編19】
・パリのファッション情報【コウゲン編20】
パリで蚤の市に夢中になる【コウゲン編21】
・デザイン資料を求めてマルセイユやリヨンへ【コウゲン編22】
パリで出会ったデザイナー【コウゲン編23】

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集