パリの食生活【コウゲン編7】

パリの食生活

 

何種類ものチーズがのったプレート

 

パリでの僕の食生活

パリへ住むようになってからの僕の食生活は、それはみじめなものだった。
と言うのは、奈良の田舎で育っただけに、僕の食習慣は野菜中心の完全和式だった。
当時は日本ででも朝はパンを食べると言う人も多かったが、僕はまだ、ご飯派だった。

 

パリで住むようになってフランスパン(バゲット)は安くてうまかったが、朝食としては違和感があった。
僕にとってはパンは間食だ。
しかし、経済的な理由でこれで我慢するしかない。

 

 

安いセルフサービスレストラン

外で食べる時は安く食べられるのはセルフサービスのレストランだった。
そこではできた料理を選ぶことができる。
僕の食べたことのないものばかりだった。
周囲で食べているフランス人の食べているものを見て、恐らくそれがうまいのだろうと見当をつけて選ぶことにしていた。
しかし、大抵の場合、うまくはなかった。
僕の味覚が和風を抜けていないのだから仕方がない。

 

1番困ったもののひとつは、チーズだった。
フランス人の食べ方を見ていると、ほとんどの場合、食事の終わりにパンとぶどう酒を残しておいて、それと一緒に白いカビでおおわれたチーズをうまそうに食べている。
そんなにうまいのかと、僕も何度も何度も試してみたがまったくダメだった。
そのほかの料理も、いろいろ皿に入れて盛ってあるのを選ぶのだが、量だけは多いのだがうまいと思うのはなかった。
しかしここで食べるのが1番安いので、セルフレストランで腹を満たすことが多かった。

 

また、安く食べられるところとしては、その他に、各国の留学生の為の寮が集まっているシテ・ユニベルシテール(cite-universitaire)というところがあった。
そこへ行くと食堂があって、誰でも安く食べることができた。
内容はセルフレストランと同じようなものだったが、安くて量が多かった。
この食堂でも、セルフレストランでも、パンと付け合わせはいくらでも追加でくれた。

 

 

とにかく僕は毎日そんな風に腹は満足させることはできたが、うまいものを食ったという満足感はないままの生活をおくっていた。
僕は味覚的には不満だった。

 

 

卵メシうまい!

そんな時は自分の部屋に帰り、米を炊いて、醤油をかけて卵メシを食べた。
こんなにうまいものがあった!と感激しながら。

 

パリで住むようになってから1、2年間は食生活はこのようなものだった。
旅行に出たりした時はいつも、パリへ帰って米のメシを炊いて食べる卵メシのことをを思いながら、現地のマズイ料理を食べていた。
パリではその後、セルフレストランへ行っても、さすがにカビの生えたフランスチーズ(camembert=カマンベール)は食べないようにしていた。

 

 

僕の味覚に変化

何ヶ月ぶりかでたまたまそのチーズを食べる機会があって驚いた。
僕の口が『美味しい』と言う。
僕はバゲットパンにカマンベールチーズをのせて、出てきた赤葡萄酒でパクパク食べた。
これはうまいと思った。
何回も食べていると味覚の方で目覚めてくれるものらしい。

 

それからは、今までうまいと思わなかったフランス料理もうまいと思うものも少しずつ増えていった。
セルフレストランより、café での定食の方が、少し高いけどずっとうまいということも自分でわかるようになった。

 

パリへ住むようになってから2、3年たってやっとフランス料理がなんとか美味しく食べられるようになった。
僕は幸せをかみしめた。
大和のお寺から遥かに遠いところに逃げてきて、しかも食べるものも美味しくなった。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

 

 

前回までのあらすじ

・ファッション資料を求めて、フランス移住【コウゲン編1】

https://imac-j.com/blog/france/1502/

・フランス移住後、ゼネストと仕事【コウゲン編2】

https://imac-j.com/blog/france/1506/

・パリでの初仕事~通訳事件【コウゲン編3】

https://imac-j.com/blog/france/1650/

・リヨンでの発見【コウゲン編4】

https://imac-j.com/blog/france/1768/

・パリに着いて1年後【コウゲン編5】
https://imac-j.com/blog/france/1773/

・リヨンとギニョール人形劇【コウゲン編6】
https://imac-j.com/blog/france/1812/

 

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。