パリで新しいスタート【コウゲン編15】

パリで新しいスタート

 

緑色の絵の具と筆

 

いちから出直し

自分達で設立した会社とけんか別れして、とにかくパリへ帰りたい一念で戻ってきた。
さいわい今までの縁もあって、何とか生活の目処もたった。
もちろん、ギリギリの節約生活であることには変わりなかった。

しかし、そんなことは僕には全く問題ではなかった。
パリで何とか平穏に生活できると言うことが、僕にはありがたかった。

 

この頃、特に印象に残っているのは、前にも触れた日本の商社のパリ支社長の親切である。
この商社を訪れる日本からの繊維関係の出張客があるたびに、僕はパリのファッション情報について説明をしに行ったり、パリを案内したりしていた。

 

 

僕は事務所を持つことになった

ある時、支社長が

『この隣にあるビルに事務所を借りているのだが、不要になった。
そのまま借りているのだが、君が要るのなら使ってもいいよ。』

と言ってくれた。

 

これは僕にとっては考えられないような嬉しいことだった。
それまで事務所を持つ余裕などなかった僕には、こんなありがたい話はない。
その事務所を見ると、3部屋もある大きなものだった。
僕はパリに来て初めて事務所を持つことになった。

 

 

デザインアトリエを始める

今まで僕を頼って来る日本から来た若い絵描き達何人かに話して、プリント生地用のデザイン画を描いてみることにした。
デザインアトリエを始めたのだ。
日本の売る先については僕は知っていた。
しかし、問題はデザインの内容だ。

 

彼らの中には、プリント生地用のデザインを描いた経験のある者はいない。
多少の不安はあったが、とにかくプリント生地用のデザインがどんな物なのかを、見本や資料を見せて説明を繰り返し説明しながら、アトリエを始めた。

 

たちまち数人が集まり、デザインが出来上がってくる。
それを見て僕は愕然(がくぜん)ととする。
彼らは毎日アトリエに来て一生懸命描いている。
彼らは皆個性豊かなスタイルを持った絵描きだ。
どうしてもそれがデザインにも出てしまう。
彼等が一生懸命になればなるほど、売れないデザインになってしまう。

 

デザインアトリエをすると言う事がそんなに簡単なことではないと言うことがわかってきた。
プリント生地用のデザインにはそのシーズンの流行の要素が入っていなかったらダメだ。
そして、生地としての繰返しが出来るように描かなければならない。

 

 

僕のデザインアトリエは最低レベルだ

その意味で僕のデザインアトリエはレベルで言えば最低だった。
僕は彼らの個性的な絵の作品を見ては感心した。
しかし、彼らがそれぞれに描くデザイン画には頭を抱えた。
とても売れそうにない。

 

僕は彼らに見本や資料を見せながら、売れるデザイン画を作るために苦労をしていくことになる。
この苦労はずっと続くことになる。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真
名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

 

 

前回までのあらすじ

・ファッション資料を求めて、フランス移住【コウゲン編1】
https://imac-j.com/blog/france/1502/
・フランス移住後、ゼネストと仕事【コウゲン編2】

https://imac-j.com/blog/france/1506/

・パリでの初仕事~通訳事件【コウゲン編3】

https://imac-j.com/blog/france/1650/

・リヨンでの発見【コウゲン編4】

https://imac-j.com/blog/france/1768/

・パリに着いて1年後【コウゲン編5】

https://imac-j.com/blog/france/1773/

・リヨンとギニョール人形劇【コウゲン編6】

https://imac-j.com/blog/france/1812/

・パリの食生活【コウゲン編7】

https://imac-j.com/blog/france/1816/

・パリのファッションの変化【コウゲン編8】

https://imac-j.com/blog/france/1818/

・パリでファッションカメラマンになる【コウゲン編9】

https://imac-j.com/blog/france/1820/

・フランスから物申す~我が社の経営陣に問題あり【コウゲン編10】

https://imac-j.com/blog/france/1829/

・フランスから一時帰国【コウゲン編11】

https://imac-j.com/blog/france/1831/

・フランスから一時帰国、そして手に汗握る攻防戦【コウゲン編12】

https://imac-j.com/blog/france/1833/

・パリに帰りたい【コウゲン編13】

https://imac-j.com/blog/france/1835/

・ふたたびパリへ【コウゲン編14】
https://imac-j.com/blog/france/1838/

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集