パリのファッション情報【コウゲン編20】

パリのファッション情報

 

虹がかかったパリ

 

僕の仕事も忙しくなってきた

パリ生活を始めて、いろいろあって悪戦苦闘してきたが何とか生活もできるようになって、3年が過ぎた。
幸運なことにパリのオペラ座近くに持つことができた僕のデザインアトリエは、絵描きの新米デザイナー達を抱えていつも苦戦続きだったが、皆んな互いに協力し合いながら、何とか食いつないでいた。

 

僕は、僕のそんなデザインアトリエを軌道に乗せるべく苦闘しながら、僕にこの事務所をタダで提供してくれるパリ支社長の為に出来るだけのことをしなければならない。
この商社の日本本社のデザイン室に対するファッション情報提供も引き受け、その他に、この支社を訪れる日本からの出張客へのパリファッション情報説明やパリ案内がその仕事だった。

 

 

評判のいいKアトリエ

同時にその頃 増えていた僕の個人的人脈の中で、パリ案内を依頼してくる人も少なからずあった。
そんな風に日本からの多い出張客の中にはパリのデザインアトリエへ行って、デザイン画を買いたいという人達もいた。
その時はパリにある、僕の知っているデザインアトリエへ案内した。
僕の事務所のあるオペラ座 界わいにいくつかのデザインアトリエがあったので、そこにいくことが多かった。

 

その中でも日本からの女性デザイナーがいるアトリエへ行くことが多かった。
このアトリエ『Kアトリエ』へ行くともちろんアトリエ主人のK氏が出てくる。
そして我々は日本人だから通訳としてその日本人女性デザイナーが一緒に出てくる。

 

そんなこともあって、この『Kアトリエ』はデザイン画の優秀さもあって、僕の連れていく日本のバイヤー達には非常に評判が良かった。
アトリエ主人K氏によると、彼女のデザイナーとしての能力に万全の信頼を寄せているということだった。

 

 

僕はファッション情報OKになっていた。そしてKENZO

その他に、僕の仕事のひとつとして重要なものの一つに、パリのファッション情報を提供することがあった。
この頃のパリのファッションは「KENZO」(ケンゾー)を除いては語れない。

 

それはその頃、ある程度日本でも、知られていることでもあった。
しかし、パリでの事実はそれ以上だったと言っても過言ではない。
この頃のパリのファッションはケンゾーとサンローランが中心になってリードしていたと言っても言い過ぎではない。
KENZOは1人でパリへ来て、パリのファッション界で独力でその地位を築き上げただけに、彼は日本のスポンサーを持っていなかった。
そのこともあって、日本の当時のファッションジャーナリズムはKENZOのパリファッション界におけるこの時の位置を充分に理解していなかった。

 

もし日本のスポンサーを持っていれば、そのスポンサーが日本でももっと宣伝したはずだが、それがなかった。
したがって、世界のファッションをリードしていた当時のパリのファッション界の正確な動向、すなわちパリのファッション界の中でKENZOが中心の1人であるということを把握していなかったと僕は断言できる。
パリの『5月革命』以降生まれた新しいファッションの流れを作った1人がKENZOだったのだ。
それ以降になって、新しいデザイナーが日本からも次々パリへ登場することになる。

 

 

僕の仕事も少しは好転

この新しいファッションの流れと共に日本の繊維産業、既製服産業(プレタポルテ)も大きく伸びていくこととなる。
そしてその余得を少し受けるような形で、僕の仕事の方も少しずつ好転していったような気がする。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

 

 

前回までのあらすじ

・ファッション資料を求めて、フランス移住【コウゲン編1】
https://imac-j.com/blog/france/1502/
・フランス移住後、ゼネストと仕事【コウゲン編2】

https://imac-j.com/blog/france/1506/

・パリでの初仕事~通訳事件【コウゲン編3】

https://imac-j.com/blog/france/1650/

・リヨンでの発見【コウゲン編4】

https://imac-j.com/blog/france/1768/

・パリに着いて1年後【コウゲン編5】

https://imac-j.com/blog/france/1773/

・リヨンとギニョール人形劇【コウゲン編6】

https://imac-j.com/blog/france/1812/

・パリの食生活【コウゲン編7】

https://imac-j.com/blog/france/1816/

・パリのファッションの変化【コウゲン編8】

https://imac-j.com/blog/france/1818/

・パリでファッションカメラマンになる【コウゲン編9】

https://imac-j.com/blog/france/1820/

・フランスから物申す~我が社の経営陣に問題あり【コウゲン編10】

https://imac-j.com/blog/france/1829/

・フランスから一時帰国【コウゲン編11】

https://imac-j.com/blog/france/1831/

・フランスから一時帰国、そして手に汗握る攻防戦【コウゲン編12】

https://imac-j.com/blog/france/1833/

・パリに帰りたい【コウゲン編13】

https://imac-j.com/blog/france/1835/

・ふたたびパリへ【コウゲン編14】
https://imac-j.com/blog/france/1838/

・パリで新しいスタート【コウゲン編15】

https://imac-j.com/blog/france/1840/

・パリでデザインアトリエ経営【コウゲン編16】

https://imac-j.com/blog/france/1863/

パリのデザインアトリエで日本人デザイナーが活躍【コウゲン編17】

・フランスの雪山ドライブ【コウゲン編19】

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。