ブルターニュ地方サン・マロでジュエリーデザイン【コウゲン編110】

ブルターニュ地方サン・マロでジュエリーデザイン

 

フランスのブルターニュ地方サン・マロ

 

僕らはサン・マロに行くことになった

初夏になると、imac(イマッ)のデザイナーCさんは秋冬シーズンコレクションの企画のまとめに忙しい。
この頃にはCさんはたいていパリで仕事をしている。

 

次のシーズンのコレクションの中でFCメーカーのシリーズが重要だという。
Cさんと仲のいい、サン・マロにいるFCメーカーとはパリで打ち合わせをする場合が多かった。
しかし、今回はFCオーナーの体調不良でパリに来れないらしい。

 

ちょうど僕もパリにいたので
「いい季節のサン・マロに来て、次のコレクションの打ち合わせをしませんか?
アトリエの海に面したガーデンも花盛りだし、サン・マロの魚も美味しいですよ」
とFCメーカーが言ってきた。

 

これには、思わず
「行くよ」
と返事してしまった。

 

最近では新幹線TGVもサン・マロの近くまで行くようになり、ずいぶん便利になった。

 

 

サン・マロは昔、海賊が支配する島だった

サン・マロはイギリスのジャージー島の近くということもあって、中世の昔には、フランス側の海賊が航行する船から通航料を取り、サン・マロを本拠として島は栄えていたらしい。
今も城壁に囲まれたサン・マロはこの季節になると、観光客でにぎやかな島になる。

 

その港には昔のような大きな帆船も入り、美味しい海鮮料理を出すレストランやカフェは人で一杯になる。
そんなサン・マロに惹かれて、僕らはサンマロに来た。

 

冬のサン・マロにも来たことがあるが、冬には波の大きいのが有名だ。
大潮の時は10メートル以上の波が、その城壁を乗り越えることもある。

 

初夏の今は静かな海で、岩浜を散歩することもできた。

 

 

来シーズンもFCコレクションは楽しみだ

僕らは早速FCメーカーのアトリエに行き、オーナー自慢の、海を下に望む花盛りのガーデンでお茶を飲んで一息をついた。
FCオーナーの言う通り、海に面した彼らのガーデンは花が咲いて、木が繁っていつ来ても美しい。

 

そのあと、いつものようにCさんとFCオーナーは来シーズンの新しいシリーズ作りに夢中になって、僕とオーナーの夫君はそばで見ているだけだった。
やっと夕方に彼女達の仕事が終わり、サンマロの町のレストランへ出かけた。

 

ここに来ると、彼らがいうように海鮮料理が美味しい。
食事をしながら、彼女たちの話を聞いていると、来シーズンのシリーズもいいものができるようだ。

 

サン・マロはパリから近くなったからまた来たい。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。