リヨンでジュエリーデザイン【コウゲン編91】

リヨンでジュエリーデザイン

 

フランスのリヨンの噴水

 

Cさんが良いメーカーを新たに見つけてきた

Cさんがオリジナルのジュエリーコレクションを作るためにメーカーを見つけるべく、パリの展示会はいつも詳しく見ていた。
その中で見つけたメーカーがあった。

 

色んな機械を自分で作って、たいていのアクセサリーは注文通り作ることができるというメーカーだ。
早速Cさんはデザインを出して注文してみると、いいものができ上がった。

 

このメーカーにはCさんも大いに興味を持った。
そして僕もいいと思った。

 

注文に合わせて、必要機械まで自分で作るVGメーカー

このメーカーVGはリヨンに工房があるという。
彼らの工房には色々な機械があって、デザインさえ出してくれればどんなアクセサリーでも作ることができるという。
ぜひ一度リヨンに来てくれという。

 

早速リヨンへ行った。
VGメーカーの工房にある機械を見て彼の説明を聞くと、どんなアイテムでも作ることができるという彼の言葉が理解できた。

 

Cさんは、早速VGメーカー用に新しいコレクションのデザインを描き上げ、VGに渡した。
このシリーズは楽しみだ。

 

imac(イマック)にまた新しいシリーズが加わることになる。

 

僕はテニスが楽しみ

そして僕にとっても別の楽しみができた。VGは最近、テニスに凝っているという。実は僕もテニスを始めた。リヨンへ来る楽しみが増える。

 

 

VGメーカーのコレクションは楽しみだ

VGメーカーが制作した、Cさんの新しいコレクションが一ヶ月余後に東京に着いた。

 

Cさんが期待していた通りの仕上がりだ。
このVGメーカーが制作したコレクションはimacの店頭でも評判が良く、Cさんは毎シーズン新しいコレクションを打ち出し、VGメーカーとの関係はずっと続くことになる。

 

僕のテニスについていうと、リヨンへ行くたびにVGメーカーのオーナーとテニスを楽しんだが、結局あまり上達はしなかった。
お互いに下手なままだった。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集