相次ぐ海外出張【コウゲン編80】

相次ぐ海外出張

 

地球儀とパスポート

 

Cさんの出張先が増えた

imac(イマック)はファッショナブルなコスチュームジュエリーの百貨店ブランドとして認められるような存在になった。

ファッションアクセサリーということは、シーズンの傾向を常に先取りして行く必要がある。

 

imacデザイナーのCさんにとっては得意とするところだ。

主たる仕事場はパリだ。

しかし、最近は行く所が増えた。

 

オーストリアの片田舎の町、タイのバンコク、香港、それにミャンマーのヤンゴン。

行くところが増えてきた。

これらの出張先へは僕も一緒に行く。

 

僕は国内出張と住職の仕事

そんな中でも、僕はどうしても日本にいることが多い。

全国にできたimac店頭のある百貨店巡りで国内出張、月に一回は寺法要にも帰らなければならない。

 

住職になっただけに、寺に関わることが当然のことながら増えてきた。

年に一回の檀家総会、この時は僕はいつも被告だ。

 

いつ商売をやめて、寺に帰るのかと問い詰められる。

僕はその時は何とか言い逃れて、東京へ逃げて帰る。

 

12月になると4回の週末土曜、日曜に昔から続く伝統行事の法要があり、これは僕がやらねばならない。

 

乗り継ぎ、乗り継ぎ外国出張

12月以外の月に、僕はCさんと、上記の国の町への出張計画を作る。

例えば、ある年の香港、ヤンゴン、バンコクへの出張のケース。

 

Cさんはパリから来る。

僕は東京から行く。

 

連絡時間のこともあって、彼女がパリから成田へ着き、成田のホテルで一泊する。

そこで僕と落ち合い、早朝の便で香港へ行く。

香港を2、3日で済ませて、ヤンゴンへ行き、ヤンゴンも2、3日で済ませ、陸路ヤンゴンからバンコクへ入るということもあった。

 

パリからオーストリアへの出張は別の機会に行くことになる。

 

そんな風にしてCさんの企画するimacのアクセサリーは、いつも新しいファッション傾向を先取りして刷新され、雑誌に取り上げられ、店頭でも人気があった。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集