僕らはヤンゴンに行くことにした【コウゲン編77】

僕らはヤンゴンに行くことにした

 

ミャンマーのヤンゴンの寺院

 

imacの商品は全て外国から来る

僕らは日本にいる。
百貨店の売場数も増えて、忙しくなった。

 

するべき事は色々あるがその中でも大事なことは、商品を切らさないことだ。
imac(イマック)の商品は全て外国から来る。
それもほとんどがヨーロッパだ。

 

国によって、メーカーによって日本に着くまでの時間が異なる。
ほとんどが手作りの工房なので、制作にかかる時間は一定にできない。
数量も多くはできない。

 

今では数カ国の何十かのメーカーがimacの商品を作っている。
imacのCさんは常にそのメーカー達とのコンタクトを、東京からか、パリからか、とっている。
これもイロイロな電子技術の発達のおかげだ。

 

 

MMメーカーがミャンマーのヤンゴンにいた

そんなメーカー達も、ずっと変わらず続いているメーカーもあるし、途中でなくなるメーカーもある。
新しく登場するメーカーもある。

 

そしてフランス人夫妻が営むMMメーカーのように時々消えては、また新しく連絡を取ってくるメーカーもいる。
そのMMメーカーのフランス人オーナーJさんはフランスからタイに工房を移設したものの、タイから消えてしばらく連絡がなかった。
しかし、久しぶりにコンタクトがあった。
なんと今度はミャンマーからだった。

 

有力なフランス人の知り合いがミャンマーにいて、その関係でヤンゴンに工房を開いたという。
今度もMMメーカーのJさんは、新しいコレクションができたので、アトリエも見てもらい、次のコレクションの話をしたいとimacのCさんに言ってきた。

 

どうするか?

 

 

僕らはヤンゴンに行くことにした

CさんはヤンゴンのJさんと電話で色々話していたが、やっぱり行ってやりたいという。
僕は遠いところに行くのは望むところだ。

 

タイから少し離れているだけで、あまり変わらない。
タイにも寄ることができる。
丁度いい。

 

僕らはヤンゴンに行くことにした。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。