ヨーロッパでの物作り【コウゲン編68】

ヨーロッパでの物作り

 

パリのレストランの牡蠣プレート

 

パリへ出張

imac(イマック)は軌道に乗ってきた。
それだけに、常に一定の商品量が必要だ。
それもある程度余裕を持って。

 

Cさんと共に新しい傾向の商品作りが急がれる。
ヨーロッパで物作りをしている関係で、商品が日本に着くまでに時間がかかる。

 

パリへ出張だ。パリの展示会に行くと、imac物作りをしているメーカ達に会うことができる。
今ではかなり多くのメーカー達がimacの商品作りに関わってくれるようになっている。

 

フランス、オーストリアの他に、イタリア、スペイン、ドイツのメーカーとも仕事をするようになった。
全てCさんがデザイン指示して、制作依頼する。

 

 

Cさんはどこの国のメーカーとも仲良くなってしまう

Cさんはどこの国のメーカーとも、直接デザインの指示を、デッサンを描きながら、色も決めながら、目の前で指示をしてしまう。
もちろん会話をしなら、進めている。

 

慣れたフランス語が多いが、時には英語も口から出てくる、時には日本語も出てきたりする。
彼女はそれをあまり意識していないらしい。

 

相手もたいていは理解できているようだ。
そんな調子でCさんは、誰とでも仲良くなってしまう。

 

僕はそれを横で見ているだけだ。

値段と数量の時は僕の出番になる。

 

そしてたいていのメーカーは
「一度我々の工房に来ては?
もっと色々の物をみてもらえるから」
というようなことを言ってくる。

 

Cさんは、たいてい承知してしまう。
そしてそのうち、どの国へも行くことになる。

 

 

アルプスの町から来たGLメーカーと食事

今回はパリにいる。
以前に触れたことがある、アルプスの中腹の町でヘアアクセサリーを製造しているGLメーカーにも会った。

 

Cさんがオリジナルデザインを出してGLメーカーが作るコレクションはimac店頭では、よく売れている。
彼らは、車で朝早く山の町を出て、午前中にパリへ着いて、Cさんと昼食を挟んで、夕方まで仕事をするのが、いつものペースだ。

 

彼らとパリで会う時は、いつも仕事の後で夕食を一緒にする。
彼らは山の町にいるので、美味しい生牡蠣が食べれない。
パリへ来た時は必ず、生牡蠣を食べに行く。

 

それは彼らにとっても、遠いパリへ来る時の楽しみらしい。
もちろん僕たちにとっても楽しみだ。

 

食べながら色んなことを話をする。
彼らの2人の子供が大きくなったこと、僕らのアレクシアももう小学校へ行くようになったことなどなど。

 

そのうち、
「夏のバカンスには、南フランスのカンヌにアパルトマンがあって、そこで過ごすのだが、一緒に来ないか?」
という話も彼らから出た。

 

僕らがまだパリに住んでいた頃、カンヌを通ってサントロペまで行ったことも思い出して、Cさんとも行ってみたい気になった。
GL達とはもちろん仕事のこともあるが、それをのぞいても、何故か気持ちよく付き合える。

 

 

日本に帰ると僕らは忙しい

パリでの一通りの仕事を終えて、僕とCさんは東京へ帰った。
東京へ帰ると、僕は地方出張があり、月一回の寺法要もあって忙しい。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集