僕が留守でもイマックは回ってる【コウゲン編66】

僕が留守でもイマックは回ってる

 

厚い本を読む外国人男性

 

今日は試験の日

今日は住職資格試験の日。
普段はよく遅刻をする僕も、今日はさすがに遅刻はしない。

 

そして、試験の始まる瞬間まで、その科目の本を読む。
これが学校時代からの僕のやりかただ。

 

普段は怠けた分を、これで多少は取り戻そうと言う魂胆だ。
これは続く、他の科目の試験でもずっと続く。

 

昼飯の時間も惜しんでやった。
講習会では、ポイントになりそうな重要なところは、講師が指摘してくれた。
そんな場所に目を通す。

 

 

答案は書くには書いた。自信はない

試験の答案用紙には、正しいか、正しくないかわからないが、とにかく書けるだけ書いた。

 

やっぱりあの講習会は良かった。
講習会のおかげで、あの厚い本の山に一応目を通すことができたのだから。

 

だから、答案用紙になんとか書くことができる。
試験は終わった。

 

しかし自信はない。
心配しているであろうお袋には、試験は無事終わったことを連絡して、今回が一度でダメでも来年もあるからと、前もって言い訳をしておいた。

 

後は結果発表の日を待つだけだ。

 

 

僕が留守でもimacは回ってる

講習会から試験の日まで、何日間か、仕事を離れていた。
会社へ連絡する。

 

なんとか回っているようだ。
安心だ。

 

 

試験の結果は?

試験結果発表の日になった。
こわごわ見に行った。

 

信じられないことに、全科目合格になっていた。
これで勉強をしなくてすむ。
これはありがたかった。

 

ただそこでわかったことは、住職資格を得るためには、それだけではすまないということだ。
住職資格習得のための実習講習会が、本山でやはり何日間か、泊り込みであるとのこと。
これを習得しないと、資格は与えられないという。

 

そのスケジュールを見ると、早朝6時の掃除から始まり、深夜にも及ぶ講習会、読経会等ギッシリ詰まった何日間かを過ごさねばならない。
これも大変そうだが、辛抱さえすればいい。

 

試験を受けるよりかは、ずっとマシだ。
僕としてはimac(イマック)の仕事との、スケジュールのバランスをとっていけば、問題はない。

 

と思っていたが、まだそれだけではなかった。
お寺のことには色々あるものだ。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集