フランス工房との出会い【コウゲン編60】

フランス工房との出会い

 

嬉しそうな外国人女性

 

 

Cさん天才的なデザイナーMMのJに出会う

パリにいるCさんは、その後しばらくしてまた、imac(イマック)の将来に大きなプラスの影響を及ぼすことになる、あるメーカーと出会うことになる。
MMメーカーという。

 

責任者デザイナーはJという女性で、Cさんに言わせると、MMのJは天才的なデザイナーだと言う。
彼女の作るアクセサリーは、既存のアクセサリーの型にハマらず、ときには人を驚かすような物を作ったりする。

 

けれど、Cさんにすれば、それがまた素晴らしいという。
素材の使い方もオリジナリティに富んでいるという。
早速CさんはMMとコラボレートした制作のサンプルをいくつか送ってきた。

 

まず、スタイリストたちに見せるとみんな一斉に飛びついた。
たいていは雑誌に掲載された。

 

これらはスタイリストたちにも、見たこともないような素材であり、デザインだったようだ。
パリにいるCさんにこのことを伝えると、CさんはMMのJさんとコラボレートしたコレクションを送ってきた。

 

もちろんスタイリスト達も喜んでくれたが、百貨店の販売員やお客さんにも評判が良かった。

 

それ以来MMのJさんは新しいコレクションができるとまず、Cさんに見せて、意見を聞くようになった。

 

 

MMのjさんは奔放なデザイナー

MMのJさんとimacのCさんとのそれから続く,長い付き合いの始まりだった。
MMメーカーにとってもその頃は、会社を作って初期の時期だったらしく、まだ自身のコレクションに自信が持てない時に、imac のCさんに出会ったということだった。

 

その後、MMメーカーのコレクションはフランスでも評判が良く、よく売れて急成長した。
そのためフランスの地方の町で大きなアトリエを持って、スタッフも多数雇う企業になった。

 

そんな時も、MMのJさんは常にimacのCさんと連絡をとって仕事をしていた。

 

MMの会社はJさんとその夫がカップルで経営していたが、奔放なデザイナーのJさんがリードしていた。

 

imacの売場でのMMのコレクションは順調に動き、スタイリストたちにもいつも喜ばれていた。

 

 

MMメーカーがタイへ引っ越した

そんな、ある日、MMから連絡があった。

 

「このたびタイへ引っ越した。
地方の海辺にある町にアトリエも開いた。
海辺に快適な住まいも見つけて住んでいる。
次のコレクションを作るのに、ぜひ、Cさんに来てほしい」

 

これには僕らも驚いた。
あれほど盛大にやっていたフランスのアトリエはどうしたのか?
けれど、彼らはもうタイの地方に住みついているようだ。

 

 

僕らもタイへ行く

Cさんは行ってみるという。

 

全く知らない国の、その地方へ1人でやるわけにはいかない。
Cさんが行くといえば僕も行く。
知らないところへ行くのは、僕は大好きだ。

 

MMのJさんと、imacのCさんなら、また新しいコレクションができるかも知れない。
けれど、そこではおそらく手に入る素材も違う、雇うスタッフの技術も違う。

 

大丈夫なのか?
彼らによると、タイに彼らの知り合いのフランス人がいて、情報を聞いているので大丈夫という。

 

とにかくタイへ行ってみよう。
我々の予定としては、タイでの彼らとのコラボレーションが終われば、僕は東京へ戻り、Cさんはパリへ戻ることになる。

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。