はじめての、、、【コウゲン編57】

はじめての、、、

 

初心者マークとスーツ姿の男性

 

初めての法要

今日はいよいよ、寺の法要に帰る日で新幹線に乗っている。

 

今日の法要ではまず読経がある。
そのあとはたいてい、仏教にちなむありがたい説教をするのが通例だ。

 

僕もそれらしい話をしなければならない。
お経の練習はもう何度となく繰り返した。
大きな声で間違えずにやるしかない。

 

問題は説教の方だ。
それらしい本を読んだり、最近の雑誌や新聞を読んで、何かネタはないかと探してみるがダメだ。

 

ずいぶん以前だが、僕も坊さんの説教を聞いたことは何回かある。
たいてい、仏様にちなんだ、ありがたい話をして聞いている人々を感銘させていた。

 

大阪に着くまでイロイロ考えてみたけれど、いい説教話は浮かんでこない。
そして電車を乗り換えて、我が村に近づくまで、歩きながらも考えているのだけれどダメだ。

 

もう寺に着いた。
もうなるようにしかならない。

 

僕は黒衣に着替え、袈裟(けさ)をかけて、本堂の内陣に入り灯明(とうみょう)を灯し、線香をあげる。

 

僕はボンになった

本堂には、続々と檀家たちがやってくる。
檀家総会は男性だったが、法要に参るのは女性が中心だ。

 

もちろん皆んな僕を知っているし、僕もみんなを知っている。
みんなニコニコ顔だ。

 

思わず僕も声をかける。
みんなも総会のような難しい話はないから大丈夫だ。

 

僕「おばちゃん、皆元気?」
おばちゃんたち「ボンも元気か?」

 

僕はこの村ではボンになる。
子供の頃からずっとそう呼ばれていて、大人になった今も同じだ。

 

僕もみんなの家や家族のことも全部憶えている。
僕の同級生の母上も来ている。

 

僕「○○チャン元気?」
思わずたずねてしまう。

それからは、それぞれ好き勝手の話になって、盛り上がっていってしまった。

 

「そろそろお経をあげましょう」
と僕が言い、お経を全員で唱和する。

 

練習の結果が出たか、僕は堂々とリードしてお経を唱えることができた。
お経までは問題なかった。

 

 

説教話はやっぱり難しい

次に残った問題は説教話だ。
僕はいろいろ無駄話をしながら、そのうちにそれらしい説教話にが見つからないか、と試してみるがダメだ。

 

仕方なく、
「ここら辺で、ありがたい説教話をするのが本来だけど、僕はそれができない。申し訳ない」
と謝った。
おばちゃんたちは
「ええよ。ええやんか。そんなん気にせんでええよ。」
と言ってくれた。

 

「そんなら、ボンに代わって私が説教したろか?」
と冗談半分に、僕を助けてくれようとする、おばちゃんまで出て来て大笑いした。

 

そんな形で、難しく考えていた説教問題も、それほど気にしなくても良さそうでほっとした。

 

 

ぐっすり寝て帰った

第一回目の寺に帰っての法要が無事に終わり、これからもこの法要は問題なくできそうだということを、お袋に報告して東京へ帰った。
新幹線の中では今度はお経や、説教話の心配をせずに、ぐっすり寝て帰った。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。