イマックがファッション誌に【コウゲン編44】

イマックがファッション誌に

 

仕事が忙しいスーツを着た男性

 

アクセサリーのimac

僕とCさんはこれまでは、それぞれ独立して仕事をしてきたが、初めて共同で「imacイマック」という会社名でアクセサリービジネスをすることになった。

 

Cさんはパリを中心に、デザイン活動も続けるが、アクセサリーのデザインをして商品開発もする。
僕はそのimacアクセサリーを売る営業が役目だ。

 

 

やっぱり売るのは難しい

あいかわらず売るのは難しい。
僕のような新米のマンションメーカーの人とも知り合いになって、もっと新米の僕はいろいろ教えてもらった。
お互い彼らは商品が服、僕はアクセサリーと商品が違うということもあって、彼らが売り込もうとしている、有力なショップ名なども教えてくれた。

 

彼らの言によると、ファッション雑誌に関わるスタイリストに、商品を見せることも大事だということだ。
スタイリストが取り上げてくれると、商品が雑誌に掲載され、宣伝になるという。
そんな風にしてスタイリストを紹介してもらったりした。

 

僕は教えてもらった東京、大阪、四国、九州などの有力ショップを訪れて売込みにまわった。
しかしなかなか、うまくいかない。

 

他にも広く物販をして、百貨店でも売っている人がいて、僕にアドバイスをしてくれた。
「百貨店で売るのがいい。
その百貨店の他の支店でも売れるから。
しかし売り込みたい会社がいつもたくさんいて,外国のメーカーまでも売り込みに来るから、そう簡単には百貨店口座は取れないけど…….」
ということで、非常に難しい、という話を繰り返ししてくれた。

 

百貨店のバイヤーとアポを取るのも難しいらしい。
結局これは、僕を百貨店で売ることを諦めさせるに十分だった。
僕は今まで通り、町の有力ショップを中心に売込みを続けるほかなかった。

 

 

imacのアクセサリーがファッション雑誌に掲載

紹介してもらったスタイリストには、いつも連絡をとって、新しいアクセサリーが入荷するたびに見てもらっていた。
Cさんはこの間、彼女のデザインの仕事をするために、赤ん坊のアレクシアを連れて、パリへ戻ることが多かった。

 

彼女のデザインの仕事場はパリのアパルトマンにあった。
そこには蚤の市で集めた多くの資料もあった。
我々の新しい分野の商品であるアクセサリーのアイデアも、そこで練ることになる。

 

彼女のデザインになるアクセサリーが日本に着くと、それを見るのを、楽しみにしているスタイリストもできるようになっていた。
そんなスタイリストに連絡するとすぐ来てくれた。

 

そしていくつかのimac アクセサリーが雑誌に掲載された。
雑誌に載るとクレジットとして「imacイマック」とブランド名が掲載された。
これは嬉しかった。
もちろんその雑誌を見てCさんもよろこぶ。

 

しかしimacにはまだ定売場はない。
雑誌には通常ブランドクレジットと共に売っている売り場も掲載され、消費者がそこへ行って買えるわけだ。
しかしimac にはまだ決まった売場がない。

 

ただ、imacのアクセサリーが掲載された雑誌を見た、他のスタイリストも来てくれるようになった。
imacのアクセサリーはまだ決まった売場はないが、ファッション雑誌にはよく掲載されるようになった。

 

スタイリスト達に言わせると、
「ファッションアクセサリーとして、何か新しい雰囲気がある」
ということだった。

 

 

雑誌に掲載されても売り場がない

しかし僕は相変わらず、imac のアクセサリーの売り込みに苦戦していた。
僕らの住まいのマンションが商品の段ボールで一杯になって、住みにくい状態はなくなった。

 

アクセサリーは小さいので小さい段ボール一箱で済んで、マンションの住み心地は格段に良くなった。
だが、その一箱の商品がなかなかなくならない。

 

どうすればいいのか?
誰に聞いてもわからない。
当然だが自分でやるしかない。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

 

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。