パリで牡蠣を食べる【コウゲン編85】

パリで牡蠣を食べる

 

パリのレストランの牡蠣プレート

 

ヴェネツィアからの帰り、パリでアルプスのメーカーとアポ

僕らはヴェネツィアでお互いに満足してパリに戻った。

 

僕らがパリへ来ると、アルプスのLGメーカーがパリへ出て来ることが多い。
今回も新しい素材を持ってパリへ来るという。

 

彼らがいるアルプスの中腹の町からはパリは遠い。
彼らはパリへ来るの楽しみにしている。

 

もちろんimac(イマック)のCさんの新しい次の企画を楽しみにしているが、そのほかに、彼らの楽しみはパリでの牡蠣料理だ。
Cさんの仕事場として借りているアパルトマンはモンパルナス(Montparnasse)にある。
そのすぐ近くに「ラ・クーポール(La Coupole)」という牡蠣で有名な老舗レストランがある。

 

 

彼らはパリでは牡蠣を食べたい

彼らがパリへ来るときは、いつもそのレストランの予約をする。
フランス人は生牡蠣が大好きだ。
もちろんLGメーカー夫妻もそうだ。

 

日本に比べるとずっと小ぶりの牡蠣だ。
日本のような大きな牡蠣は食べない。

 

イロイロ種類があり、種類によって値段が違う。
前菜として食べる。

 

フランスでは牡蠣は熱で料理はしない。
生牡蠣だけだ。

 

今回も、彼らはリヨンまで車で来て、高速電車TGVでパリに来る。
午前中に着いて、Cさんと昼食を挟んで夕方まで、みっちり仕事をして、みんなで「ラ・クーポール(La Coupole)」へ繰り出した。

 

牡蠣の注文は彼らがやる。
僕やCさんとは、彼らは牡蠣の食べる数が違うからだ。

 

注文した牡蠣が、他の貝や海老などと共に氷の上に、山の様に盛られた大皿が来る。
彼らに取っては、これぐらいをたいらげるのは、カルイものだ。

 

僕らはそうでもない。
給仕は当然のように後のメインディッシュを聞きに来る。

 

僕らにはできるだけ、軽いものを注文する。
その後にまだデザートがある。
これがボリュームがある。

 

パリに住んでいた頃は、僕もこれくらいは平気で食べていたが、最近は日本の量に慣れているので、このフランス料理の量には苦戦をしてしまう。

 

 

次回はアルプスの町で新シリーズを

LGメーカー夫妻とは食べながらいろいろ話をする。

 

また新しい機械を導入したので、Cさんの得意な文様を描いて、それをヘアアクセサリーにプリントをできるようになるという話もあった。
それでは次回はアルプスの町へ行こうということで別れた。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集