ヴェネツィアでジュエリーデザイン【コウゲン編84】

ヴェネツィアでジュエリーデザイン

 

イタリアのヴェネツィアの風景

 

樹脂素材が流行ってきた

imac(イマック)の分野はファッションアクセサリーだ。
ファッションは常に変化していく。
素材の面でも変化していく。

 

あるシーズンから樹脂素材が流行るようになった。
樹脂はメタルに比べてずっと軽く、大きなモチーフでアクセサリーを作ることができる。

 

樹脂を使ってアクセサリーを作ろうとすると、樹脂専門のメーカーに頼まなければならない。

 

 

ヴェネツィアに樹脂のいいメーカーがあるとCさんはいう

そんなメーカーはフランスにもあったが、Cさんの調べでイタリーのヴェネツィアにいい樹脂のメーカーがあることがわかった。
パリの展示会でCさんはすでに、そのメーカーとコンタクトを取ったという。

 

ヴェネツィアにある彼らの工房へ行けば、豊富なバラエティのパーツがあるという。
そしてこのメーカーしかできない加工ができるという。

 

新しいシリーズを制作するためにCさんは、ヴェネツィアに行きたいという。
僕も行きたい。

 

「ベニスの商人」を始め、映画や小説にも出てくる。
僕もそのヴェネツィアを見たい。

 

僕らはヴェネツィアにいくことにした。
Cさんは新しいシリーズを作ることができるので、ワクワクしている。
僕はヴェネツィアを見ることができるのでワクワクしている。

 

小さな島の集まりでできた、運河だけで行き来する街ヴェネツィア。
自動車のない街。
ゴンドラと船だけで行き来する街。

 

 

僕らはヴェネツィアに着いた

僕らはパリ経由で、近くの空港に着いて、船でヴェネツィアに到着した。
サンマルコ広場に着いた。

 

近くのホテルに泊まって、翌朝はサンマルコ広場に面したカフェで朝食。
最近は広場まで水が上がってきて、歩行者用に木の板が敷いてある。

 

大聖堂を見ながら朝食、僕はこれだけでもう満足している。
Cさんはといえば、もうこのあとで行く樹脂メーカーとの仕事の準備をしている。

 

僕らが目指すメーカーはその島の中にはいない。
そのヴェネツィアから船で少し行って、陸側のヴェネツィアにある。
船を降りてからはタクシーで行くことになる。

 

 

僕らはベニスで大満足だった

その日は、メーカーの工房でCさんは予定通りのいいシリーズができたと大満足だった。
仕事が終わって、島のホテルに戻り、近くのレストランでおいしいパスタを食べて、今回の短いヴェネツィア出張に、僕も大満足した。

 

翌日には広場の近くから、また船で空港まで行って、パリへ戻った。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集