フランスのアルプスで打合せ【コウゲン編71】

フランスのアルプスで打合せ

 

フランスのアルプス地方の景色

 

imacも大事だ

寺で住職披露法要を無事終えて、僕は東京へ戻りimac(イマック)の業務に邁進(まいしん)している。
寺のことも大事だがimacも今手を抜けば、たちまち元の木阿弥になってしまう。

 

寺のことは次の檀家総会までになんとかするとして、今はimacのことに専念する。

 

 

MMメーカーのJさんがタイでうまくいかない

タイへ行ったMMメーカーのJさん達がうまく行ってないらしい。
またフランスへ帰るかもしれないと言っている。

 

imacのCさんとしてはMMメーカーのJさんには期待をしているのだが、彼らが勝手のわからない、タイでの工房を動かすのが難しいのは想像がつく。
フランス人が東洋のタイの地方の町で生活をし、タイ人を使って仕事をする難しさがあるのだろう。

 

 

imacには今は多くのメーカー達がいる

imacにとっては、幸いなことに、Cさんと仲の良いFCメーカーや、アルプスの中腹の町でヘアアクセサリーを作っているLGメーカーや、オーストリアのメーカー達がある。
最近になってコンタクトができたイタリアやスペインのメーカー達もあって、物作りの問題はない。

 

 

僕らはタイが好きになった

ただ今度MMメーカーとのことがあって、タイへ行って、この国とのコンタクトができたのはimacの将来にとってプラスになることになる。
僕達は同じ東洋人であるからか、仕事で関わったタイの人達とは気持ちよく仕事ができ、タイという国が好きになった。

 

 

アルプスのメーカーLGとの打合せ

そんなことがあって、僕らは東京で忙しくしている。

 

僕は地方の出張で飛びまわっている。
Cさんは企画制作のことで、外国メーカー達とのデザインの打ち合わせが頻繁にある。
その間に百貨店のimac店頭のディスプレイCさんがもしなければならなくなり、仕事が増えた。

 

Cさんは、アルプスのLGとのシリーズが好調で、彼等との連絡の機会が多い。
夏が近づいて来たある時、彼等から
「イタリア製の新しい素材が着いた。
自分達の工房でそれを見ながら次の企画をして、前にも話したカンヌへ一緒に行かないか」
と言ってきたという。

 

いずれにしてもパリへ行って、次の企画をするつもりでいたので、これをいい機会にオーケーと返事した。
ということで、つぎのLG用企画はアルプスの中腹の町でして、その後カンヌへ行くことになった。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集