パリからアルプスへ【コウゲン編72】

パリからアルプスへ

 

パリのセーヌ川

 

僕らはパリに来ている

この夏、僕らはまずパリへ来ている。
フランスのその他のメーカー達と次シーズンの制作打合せをするためだ。
それを終えてから、アルプスのLGメーカーの工房へ行き、仕事が終われば彼らとカンヌへ行く予定だ。

 

パリでCさんは、まず仲のいいFCメーカーと仕事をして、いいシリーズができたと満足していた。
FCメーカーの制作するアイテムはひとつひとつが細かい手作りなので、いつものことながら特に綿密な打合せが必要だ。

 

 

アルプスの町へ向かう

パリで他のメーカー達との仕事も終えて、僕達はアルプスの町へ向かう。

 

パリのリヨン駅から高速鉄道TGVでリヨンまで行く。
今回はLGメーカー夫妻は、車で僕らをリヨンまで迎えにきてくれることになっている。

 

乗る時にはパリのリヨン駅で、簡単なサンドイッチを買って乗る。
日本のような豊富なバラエティの駅弁がないのは残念だ。

 

リヨンまでは2時間ほどだ。
夏のバカンス時期のヨーロッパは、どこも緑と青空で綺麗な風景が広がる。

 

その反対に、冬のヨーロッパは一日中曇り、日光がなく、寒い。
もちろん緑はない。

 

ヨーロッパの人達が、明るい夏をずっと楽しみにして、夏が来ると一斉にバカンスに出かけるのはよく理解できる。

 

 

僕は乗り物、旅行が大好きだ

僕達は車窓から見る風景を満喫する。
僕は乗り物、旅行が大好きだ。

 

2時間ほどがあっという間にすぎてリヨンに着く。
LGメーカー夫妻が待っていてくれて、彼らの車でアルプスの中腹までいくことになる。

 

やはり緑の中を走っていく。
日本の夏は湿気が多いので、少し離れると景色が霞がかって見えるが、ヨーロッパの夏は湿気が少ないので、景色が色鮮やかに見える。

 

空は真っ青、緑は鮮やかな緑だ。
ちょうど印象派の絵が、そのままある感じだ。

 

 

アルプスの中腹の町に着いた

アルプスの中腹の町に着いた。
久しぶりのLGメーカーの工房だ。

 

いつものことだが、Cさんは、一息ついたらすぐ仕事にかかる。
イタリアから着いたという新しい素材を前にして、Cさんは次シーズンのデザインに夢中になり、LGメーカー夫妻はCさんの前でデザインができ上がるのを待って、メモをしている。

 

LGメーカーが使っているこれらの素材は、オートクーチュールなどの高級眼鏡にも使われる素材だという。
次シーズンのLGメーカーのシリーズは楽しみだ。

 

夕方には、Cさんも仕事を終えて、明日はカンヌへ行く。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集