テキスタイルデザイナーとしてパリで独立【えび編4】

テキスタイルデザイナーとしてパリで独立

 

KENZOに夢中

パリでテキスタイルデザイナーとしてデザインアトリエで働いていた当時、高田賢三(ファッションデザイナーで、KENZOブランドの創業者)が開いたショップ「KENZO」がアトリエのすぐ近くにあった。
私はいつも、給料をもらったらすぐにKENZOの店へ走っていた。
当時はまだKENZOは無名だった。
KENZOの店内はアンリ・ルソー(19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したフランスの画家)が描いた幻想的なジャングルの絵を彷彿(ほうふつ)させる手作りの装飾がほどこされ、とても魅力的だった。

 

私がKENZOのコートを着ていたら、バスの中でフランス人女性に「どこで買ったの?」と聞かれたのは今でも覚えている。
その後しばらくして開かれたKENZOのコレクションは、多くのプレスの人たちでにぎわった。

 

 

友達とデザインスタジオを開設

デザインスタジオの打合せ

 

その後、意外だったが、フランス人の友達から「一緒にデザインスタジオをやらないか」と申し出があった。
二人でデザインスタジオを立上げ、フリーランスのテキスタイルデザイナーとして仕事を始めた。

 

ある日、デンマークの既製服(プレタポルテ)の会社を経営する若い男性がデザイナーを連れて訪ねてきた。
同じテキスタイルデザインの仕事をしていたイタリア在住の女性からの紹介だった。
我々二人のデザインを見て、すぐ気に入ってもらえ、そのメーカーとの仕事が決まった。

その時の相棒であるジェラールとは、今もずっと長い友情が続いている。

 

 

プロフィール

ほほえむ眼鏡の女性

名前:えび
テキスタイルデザイナーとしてパリへ。
デザインスタジオ勤務後、フリーランスとして仕事をする。
日本に帰国後、ジュエリーブランドを創業。

 

前回までのあらすじ

・デザイナーとしてパリへ【えび編1】
https://imac-j.com/blog/france/1612/

 

・パリへの長い旅【えび編2】
https://imac-j.com/blog/france/1632/

 

・パリのデザインアトリエ【えび編3】

https://imac-j.com/blog/france/1662/

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。