パリのデザインアトリエ【えび編3】

パリのデザインアトリエ

パリに着いた翌日、恩師である木下先生(パリで活躍した日本人画家、デザイナー)に紹介してもらったデザインアトリエに出向いた。
オペラ座の近く、rue de la Paix(リュー・ドゥ・ラ・ぺ=平和通り)にある「コバレウスキー」というテキスタイルデザインのアトリエだった。
木下先生の紹介とあって、すぐ採用された。
(木下先生はとても優秀なデザイナーであったとアトリエのオーナーが話してくれた)

 

パリのオペラ座

 

 

フランス語を話す

アトリエのみんなも良い人達だった。
のちに一緒にデザインスタジオを開くフランス人とも、そこで出会った。

 

私はそこで働き始めて一年間、無言で仕事をした。
耳からは一日中みんなのおしゃべりが入ってくる。
しばらくして、いきなり私がしゃべりだしてみんなを驚かせた。
日本でも数年間フランス語教室に通ってフランス語を習っていたはいたものの、実際にフランス語で話すには耳が慣れることが必要だったのだ。

 

 

フランス人の働き方

その会社で驚いたのは、終業時間の17時になるとみんなそろって仕事をやめて帰るということだった。
「あと少しでデザインが完成するのに」という進み具合であっても、みんな一斉に筆を置き、帰り支度をするのだ。
その点は「さすがフランス人」と思わせられた。

 

 

パリで独立

日本でフリーランスで仕事をしていたこともあり、オーナーに言われた通りにデザインを描くのは私にとっては一年が限界だった。
自分でも驚いたが、そのアトリエでは私がトップデザイナーになっていた。
オーナー夫妻もとてもよくしてくださった。
それでも続けられないと思ったのは、他の人達より自我が強かったのだろうか。

 

 

プロフィール

ほほえむ眼鏡の女性

名前:えび

テキスタイルデザイナーとしてパリへ。

デザインスタジオ勤務後、フリーランスとして仕事をする。

日本に帰国後、ジュエリーブランドを創業。

 

前回までのあらすじ

・デザイナーとしてパリへ【えび編1】

https://imac-j.com/blog/france/1612/

 

・パリへの長い旅【えび編2】

https://imac-j.com/blog/france/1632/

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集