サン・マロで夏のバカンス【コウゲン編98】

サン・マロで夏のバカンス

 

フランスのブルターニュ地方の港町サン・マロの風景

 

毎月の寺法要は実行

僕は毎月の寺法要は実行している。
毎日の檀家参りは、高齢のお袋がやっていてくれる。

 

檀家達は僕に早く村に帰って檀家参りもせよという。
僕に代わって住職を引き受けてくれる人材を探しているが、まだ見つからない。

 

お袋はこの問題についてはあまり心配はしていない。
「なるようにしかならないよ」
と。

 

 

その間に出張

その言葉に甘える僕は、その間を縫って、国内出張、外国出張に出かける。

 

Cさんは、最近はアレクシアがフランスの学校にいる関係で、パリで仕事をすることが多い。
夏休み中はアレクシアの学校では、生徒達は寮を出て各自の家に帰らなければならない。
もちろんアレクシアはパリでCさんと過ごすことになる。

 

 

サン・マロへ行く

アレクシアはこの夏はブルターニュ地方のサン・マロ(St.Malo)という港町で、フランス人家庭でホームステイをすることになった。

 

サン・マロに住んでいる、 Cさんと仲の良いFCメーカーが手配してくれた。
海に囲まれた観光地のサン・マロでのホームステイも悪くはない。

 

英連邦のジャージー島へも近く、夏には大きなヨットもいつも入港していて、観光客も多く、楽しい店や、レストランも多い。
Cさんも僕もサン・マロに行きたい。

 

そうすればCさんはFCメーカーと仕事もできる。
僕らはFCメーカーと連絡を取り、サン・マロへ出かけた。

 

CさんはまずFCメーカーの住居兼仕事場で仕事を始める。
FCメーカーの住居は、木があり花が咲く庭に出ると、そのまま海につながる素晴らしい所だった。

 

アレクシアはホームステイ先では、同年配の仲間もできて楽しそうだった。

 

 

サン・マロで僕はお寺のことを忘れてしまった

この夏はアレクシアはいいホームステイができ、CさんはFCメーカーといい仕事ができ、僕はサン・マロ観光をして、お寺のことは完全に忘れてしまって、3人とも良い夏をサン・マロで過ごした。

 

 

 

プロフィール

水彩風の男性写真

名前はコウゲン。
田舎のお寺の長男に生まれ、坊主になりたくなかった僕は、とにかく遠くへ逃げたかった。
出来れば外国へ。
その夢が実現してパリに10年住んだ後、日本に帰国してジュエリーブランドを創業。

帰国後に図らずも住職になってしまったものの、外国とのコンタクトは続く。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集