最近のフランスニュース【2020年11月】

最近のフランスニュース

2020年11月のフランスのニュースをまとめました。
コロナウイルスに関するニュースが圧倒的に多いです。
というか、むしろそればかり、、、。

 

パリのエッフェル塔と青空

 

ロックダウンと生花店

ロックダウン中のフランス。
生花店は11月第1週の週末に限り特別に営業が許された。
11月1日がキリスト教の祝日(Toussaintトゥッサン)で、墓参りの日であったため。
前回のロックダウンでは花を全て廃棄しなければならなかったが、今回は店仕舞いの準備をする時間があったとのこと。(11月1日)

 

 

ロックダウン前に行列や渋滞

フランスではロックダウン前に美容院やスーパーで行列ができた。
そして「田舎の家(maison de la campagne)」を持つ人も多い中、狭いパリのアパルトマンで1ヶ月過ごすよりはと地方に脱出する人達も。(11月2日)

 

 

ミシュラン二つ星の味をデリバリー

ロックダウン中のパリでは、一流ホテルのレストランの美食を家で味わえるサービスを提供している。
チュイルリー庭園前の老舗ホテル「Le Meurice(ル・ムーリス)」では「新しいルームサービス」と称してメインレストランからテイクアウトとデリバリーを始めた。
ミシュラン二つ星の味が自宅で味わえる。(11月6日)

 

 

プランタン百貨店の閉店

プランタングループがフランス国内の7店舗を閉鎖した。
ポルト・イタリー(パリ)、ル・アーヴル、ストラスブール、メスのプランタン、そして若者向けシタディウムのシャンゼリゼ、ナシオン、トゥーロン店。(11月11日)

 

 

高校生や教員による抗議活動

フランスでは高校生や教職員が学校の感染対策が十分でないとして抗議活動を行った。
高校生は学校の入口にバリケードを築いて封鎖して抗議。
教職員はストライキによる意思表明。(11月12日)

 

 

コロナウイルス患者の増加

4人に1人の死因がコロナウイルスによるもの。
30秒ごとに1人がコロナで入院し、3分ごとに1人が集中治療病床に運ばれている。
集中治療病床の患者の4割は65歳未満だという。(11月14日)

 

 

フランスの鉄道事情

フランスの鉄道会社からのメールマガジン。
コロナウイルスのため、新幹線は本数を減らしている
予約したチケットは、2021年1月4日まで100%変更可能または返金される。(11月15日)

 

 

陰性照明をお金で買える?

パリのシャルル・ド・ゴール空港で、新型コロナウイルスの検査で”陰性”を証明するために偽造されたデジタル証明書を販売したとして7人が逮捕された。
偽の証明書は1通180~360ドル(約1万9000~3万8000円)で販売されていた。(11月16日)

 

 

シャンゼリゼ通りのイルミネーション

22日19時15分からパリのシャンゼリゼ大通りのイルミネーションが始まった。
「普段なら大通り沿いの全てのテラスに電気が点いているのに、今年はパーティーを開催しているルーフトップが1つもない」
「誰もいなくて寂しいけど、でもいつも通りの美しさ」(11月24日)

 

 

ワクチン接種

フランスではコロナウイルスワクチンの接種が12月末〜1月初めから開始される。
しかし、接種は義務ではない。
ワクチンの第2世代は春に到着する。
マクロン大統領がテレビ演説で発表した。(11月25日)

 

 

 

プロフィール

マイクを持って話す笑顔で女性

ジュエリーデザイナーのアレクシアです。
フランス生まれで、フランス滞在歴14年、ジュエリーデザイナー歴15年です。
10代をフランスで過ごし、仕事でも日本とフランスを行き来しています。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集