赤いバラとリュクサンブール公園

赤いバラとリュクサンブール公園

 

赤いバラのデッサン

(©えびちかこ 画像の転載、複製、改変等は禁止)

 

赤いバラを語らずしてバラは語り尽くせない。
バラを国花とする場合も、赤いバラを国の象徴としているところが多い。

 

フランスの公園でもバラが赤い花を咲かせている。
パリを中心として、パリ近郊も広々として整備された美しい公園が多く、人々を惹きつけている。

サン・ジェルマン・デ・プレやモンパルナスからすぐ近くのリュクサンブール公園、少し南のモンスリー公園、パルク・ドゥ・ソー、そしてヴァンセンヌの森やブーローニュの森など。

こんな風に見ると、パリは日本の都会に比べるとはるかに美しい公園が多い。

 

ひんぱんに行ったパリの住居近くのリュクサンブール公園では、
老若男女が楽しそうにペタンクに興じていたり、
ベンチで静かに本を読む人、
木々や花に囲まれた道を散歩する人、
テニスコートでテニスに興じる老若男女、
公園に設置された遊具コーナーで楽しそうに遊んでいる子供たち、
公園の中にある美術館へ展覧会を見に行く人々、
そして緑の木々やところどころに置かれた彫像がとても美しい。

 

この広いリュクサンブール公園は、夜は門が閉まり、朝オープンするまでは入園禁止となっている。

 

リュクサンブール公園(Jardin du Luxembourg)

※リュクサンブール庭園と訳されることもある

 

リュクサンブール宮殿 パリのリュクサンブール公園

 

・住所:13 Rue de Medicis 75006 Paris(パリ、6区)
・アクセス:RER B線:Luxembourg(リュクサンブール)駅下車、

メトロ4番線:Notre-Dame-des-Chapms(ノートル・ダム・デ・シャン)駅下車

 

25ヘクタールもの巨大な敷地内にはリュクサンブール宮殿がある。
(現在はフランス元老院の議事堂として使用されているので、宮殿内の見学は不可)
幾何学的なフランス式庭園の花壇に四季折々の花が咲き乱れる。
リュクサンブール公園には、フェンスで囲まれた広い遊び場、あやつり人形の劇場、メリーゴーラウンドもある。
ポニーの騎乗や、池でおもちゃのボート遊びをすることもできる。
庭園内には、100以上の彫像、記念碑、噴水がある。

 

 

プロフィール

ほほえむ眼鏡の女性

名前:えび ちかこ
テキスタイルデザイナーとしてパリへ。
デザインスタジオ勤務後、フリーランスとして仕事をする。
日本に帰国後、ジュエリーブランドを創業。

関連情報

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

主役になれるドレスアップジュエリー|imac(イマック)

imac(イマック)では、日本人デザイナーの制作によるオリジナルコスチュームジュエリー
を販売しています。おしゃれ心を刺激するモードなきらめきに溢れたネックレス、イヤリ
ング、ブローチ、ヘアアクセサリーなどのアクセサリーが品のあるかわいらしさとトレンド
感を演出します。大人の女性に人気があり、プレゼントにもおすすめです。

会社名 株式会社イマックジュエリー
住所 〒107-0062
東京都港区南青山4-17-33
営業時間 10:00~17:00
代表者名 奥谷千賀子(オクヤ チカコ)
E-mail info@imac-jewelry.com

コメントは受け付けていません。

特集